入れ歯

入れ歯には部分的に装着する部分入れ歯と全体的に作る総入れ歯があります。

それぞれ保険適応で制作可能なもの、保険適応外となるものとありますが、保険適応の治療は国が定めた必要最低限の材質により制作しますので、品質的には保険適応外で制作する入れ歯の方が良い物ができます。

こればかりはご予算と照らし合わせて判断するしかありません。

入れ歯は比較的安価であることと、患者様ご自身で取り外し清掃できるのがメリットで。

 

デメリットとして、部分入れ歯の場合は金属フックが他人に見えてしまうことがある、定期的に調整が必要となる、食べカスが挟まってしまうなどと行った点が挙げられます。

​当院では患者様のご希望に合わせて対応致しますので、ご不明な点はお気軽にお尋ねください。

金属を使用しない入れ歯

Removable dentures flexible, devoid of n

部分入れ歯で金属フックが見えるのが嫌だということで、金属フックを使用しない入れ歯というものもあります。

​特殊な樹脂を用いて作られるためお口の中が見えても自然に調和して違和感がありません。

​見た目を気にされる場合はこういったタイプの入れ歯もおすすめです。

smiledenture01.png
smiledenture02.png