インプラント治療は虫歯、歯周病、事故などで歯を失ってしまい、お口の一部または全体で噛み合わせを失ってしまった方にとって昨今では最良の治療方法です。

 

ひと昔前までは歯を失ってしまった場合、仮歯、入れ歯、部分入れ歯、ブリッジなどを装着し、噛み合わせを取り戻す治療が主流でありました。

しかし、ブリッジや入れ歯の治療を施しても見た目が悪い、お口の中が不快、思い切り噛めない、健康な歯を削らないといけない、長期的な保存が難しいなど多くのデメリットがありました。

ですが昨今では、インプラントの快適性、安全性、従来の治療法のリスクなどに対する患者様の理解の高まりから、インプラント治療を希望される患者様が多くなってきております。

​現在入れ歯やブリッジなどでお悩みの場合は、お気軽にご相談ください。

​当院ではインプラント専門医が在籍しており、骨再生術も可能ですので、他院でインプラント治療が難しいと診断を受けられた患者様も諦めずにご相談ください。

インプラント治療の種類

歯が抜けた箇所の両隣の歯が残っている場合

昔はブリッジと呼ばれる治療法が主流でしたが、欠損した歯の両隣の歯を土台として利用するため、健康な状態でも削らなければならないというデメリットがありました。​インプラント治療の場合は、健康な歯を削らずに済むという点が最大のメリットとなります。

歯が抜けた箇所が連続している場合

昔は部分入れ歯による治療法が主流でしたが、金属のフックを他の歯に引っ掛けるように固定するため、金属が舌に当たることで不快感があったり、長年使用しているとフックを引っ掛けている健康な歯に力が集中し健康な歯を抜かなければならなくなるデメリットがありました。また、口を開けると金属のフックが見えないように、金属を使用しない入れ歯を作成するという選択肢もあります。​インプラント治療では不快感が無いということだけでなく、他の健康な歯にダメージを与えない、見た目も綺麗ということから昨今はインプラント治療を選択される患者様が増えております。

全体に歯が抜けてしまった(入れ歯)場合

上の歯、下の歯いずれかの歯が全て抜けてしまった場合は入れ歯が選択肢となります。入れ歯には樹脂で作るものや金属を用いたものなど種類がありますが、お口の中の適合を合わせることが一番重要なため、定期的な調整が必要となります。

​インプラント治療ではインプラントの本数を限定して顎全体に渡って歯を作ることで、費用を出来るだけ抑えたご提案が可能です。

インプラントにもデメリットはあります

インプラント治療も万能ではなく、デメリットもあります。

それは、「希望する誰もが治療を受けられる訳ではない」ということと「メインテナンスが必要」ということです。

インプラントの治療にはお口だけでなく全身の健康状態が必要になります。

歯周病、喫煙習慣、糖尿病などをお持ちの場合は医師とのカウンセリングによりインプラント手術を行っても長期的にインプラントを機能させることが難しいと判断される場合や、手術自体が困難と判断する場合があります。

​全身の健康状態が悪いままインプラント治療後を行うと、インプラントが早期に抜けるリスクが高まります。

 

また、術後の感染や噛み合わせ不良により術後数年で抜けてしまうという事例もあります。

 

これらの原因の多くがメインテナンス不足によるものです。

 

インプラント治療は快適性、機能性に非常に優れておりますが、このメインテナンスを怠るとダメージが蓄積され、やがて抜かなければならない、または抜けてしまうということがあります。

​インプラント治療は決して安価な治療でないため、当院も責任を持って施術いたしますが、一緒にインプラントを守っていこうという患者様のご協力が必要不可欠な治療となります。

より高度なインプラント治療

当院ではインプラント専門医として数多くの技術習得に務めており、以下のような患者様にも対応することが可能ですので、お気軽にご相談ください。

インプラントをしたくても骨の量が足りなくて治療が困難と診断を受けた患者様。

メスを使わずにより安全でダメージの少ないインプラント治療を望まれる患者様。

抜かなければならない歯があり、早く治療を終わらせたい患者様。

 

詳細につきましては動画による説明をご覧ください。

​さとう歯科医院

Tel: 0550-82-8100

木曜日診療(午前)各種保険取り扱い/無料駐車場完備/CT完備/セレック完備/再生医療等提供機関/インプラント専門医在籍/訪問歯科診療/キッズコーナー完備

© さとう歯科医院

​当サイトの写真記事を含むコンテンツの無断複製・転載・引用を禁じます。