検索
  • さとう歯科医院

レーザー治療

最終更新: 2019年8月1日

歯科用レーザーの光は、特定の物質にしか反応しない特徴があり、むし歯や歯周病を引き起こす細菌のみに反応し、殺菌や細菌除去に効果を発揮します。


さらに、レーザー光には組織を活性化し、細胞の再生を促す働きがあります。


安全で副作用がなく、妊娠している方、ペースメーカーを使用している方でも、安心して治療を受けていただくことが可能です。


当院では、組織に対し有害な熱を発生させることがないことから歯科で使われている中で最も安全で身体に優しいCO2レーザーを導入しております。


CO2レーザーは、照射部組織の表層を早く蒸散させるので、照射部位以外の周囲の組織へのダメージがほとんどありません。


CO2レーザーが効果的な治療

歯ぐきのメラニン色素(黒ずみ)の除去/口内炎(お口の中のできもの)/虫歯/根管(歯の根)治療/歯周病治療/知覚過敏など



注意点

  • チクチクと軽い痛みを感じる場合があります。

  • レーザー照射後、数日間は刺激物の摂取はお控えください。

  • レーザー照射後、照射したところに歯ブラシが当たらないように歯みがきを行ってください。

  • 痛みが強い場合は、麻酔を行いますので、歯科医師にお申し出ください



105回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示